法恩寺山(1356.7m)

平成15年 5月10日(土) 晴 参加者 2名 

 8:00 自宅出発 
 8:45 駐車場発登山開始
 9:35 法恩寺山頂
10:05 法恩寺山頂発
10:30 伏拝着
10:40 伏拝発
11:40 駐車場着

 

登山口 久しぶりの法恩寺山、お天気は晴れ。
 駐車場には車がすでに2台あった。
 山菜採りの車か経が岳縦走者かは結局不明だった。
 登山口から歩き始める。
 
 ショウジョウバカマやイワウチワなど春の花が咲き始めたところ。
 途中から雪も見えてくる。
 木々もまだ新緑までいかない。
 マンサクの花が咲き始めたところか・・・。
 コブシの蕾もまだまだ固い。


法音教寺跡 法音教寺跡の小さな仏様の祠もまだ雪の中に埋もれていて、どこにそれがあるのか解らないほどの雪。
 道もこのあたりは定かではない。
 山頂付近にもたくさんの雪があった。

 お天気はいいのだけれど視界がはっきりしなくて、ぼんやりとした風景に見える。
 写真を撮っても何となくピントが合っていないような・・・。

 山頂で早めの昼食をとって、伏拝まで歩いて見ることにする。
 雪の上を歩く。
 誰にも会わない。

 
経が岳 経が岳にもまだ雪がたくさん残っている。
 白山も見えるが、何となくぼんやり・・・。
 赤兎・大長にもまだ雪が・・・。
 荒島にも雪・・・。
 いつになったら登れるのだろうか・・・。
 春の花にもいつ会えるのだろうか・・・。
 春はやっぱり生命が芽吹いてくる生の予感がうれしい季節だ。
 秋も好きだけど、がら〜んとしたさびしさがある。
 何となくもの悲しいし、お花もあまり咲いていない(^^;)。



伏拝への道
伏拝への道。
雪の一本道のように続いている。
大長の向こうに白山がくっきりみえる。
藪コギのように木々の間を縫って歩く。
時々雪の中にゴボったりして・・・。

お天気もよく暑いくらい。
コブシの蕾もまだまだ固い。
春は青空がきれいに撮れない・・・。
秋や冬の日のようなきりっとした青空が恋しいと思う。




大長山と白山別山と三の峰
鉢伏山?赤兎山
左上 大長山と白山 右上 別山・三の峰
左下 鉢伏山? 右下 赤兎山 
 

伏拝
 白山伏拝(1,360m)
 昔の人たちはここで白山を拝み、引き返した人、修行のため白山に向かった人。
 悲喜こもごもの思いが込められた地名なのだろう。
 各地にある伏拝という地名に、いにしえの人々の白山の対する思いを感じる。

 経が岳への縦走もいつになったら出来るのだろうか


 

home