取立山13(大滝コース)

 平成15年 6月 7日 天候 曇 参加者2名

 自宅発 8時40分
 取立山登山口駐車場 9時30分
 取立山登山口発     9時40分
 こつぶり山頂      10時30分
 取立山頂発      11時50分
 取立山発       12時50分
 取立山登山口    13時40分
 自宅          15時
 

 銀杏峰に行く予定が体調の悪い相棒の軽い山という意見で、取立山に行くことになる。
 出発はいつもよりやや遅めの時間。
 先々週が市民登山で、水芭蕉の一番見頃だったようだ。
 今日は暑くてしかも登り始めの時間が遅くて夏山のように汗がたくさん出る。                                                                                 
 登山口

車はすでに20台ほどあった。石川ナンバーが多い。
今日は大滝コースをとることにする。
歩き出してすぐにタニウツギのピンクの花やサワフタギの白い花がたくさん咲いていてきれいだ。

3月に登山ボックスに腰かけられるほどあった雪が、もう残ってはいなかった。
自然の、太陽の力の大きさを改めて感じる。

 

タニウツギサワフタギ
  タニウツギ                     サワフタギ
ナナカマドヤマボウシ
  ナナカマド                     ヤマボウシ

  
   大滝 

 大滝の少し手前でフタリシズカの花を見つける。
 少しまとまって群生していた。

 フタリシズカ

こつぶり山

 今日のお天気はイマイチで白山は終始全く見えなかった。
 こつぶり山の稜線に出るまでに汗をひとかき、何度も休む。
 さすがに大滝コースは登りがきつくて、登っている人も少ない。
 大滝手前のあたりの崖に咲くダイモンジソウも葉っぱばかりで花はまだまだの様子だった。
 稜線に出るとナナカマドの花やツツジ、アカモノが咲いている。
 ヤマブキショウマかトリアシショウマかシモツケらしい花のまだ小さな蕾もつき始めている。
 今年は季節が全体に遅いようだ。途中の経が岳の谷筋にはまだ雪も見えていた。

  

ツリガネツツジガマズミ
   ツリガネツツジ                ガマズミ
ムラサキヤシオツツジアカモノ
   ムラサキヤシオツツジ                アカモノ

取立山 取立山の山頂が見えてくる。
 取立平の水芭蕉はもう葉っぱが巨大化しているんだろうな・・・などと考えながら歩く。
 やっぱり正面から登った方がきつくない・・・。

 春先に咲いている、ミツババイカオウレンの花ももう跡形もなく、ショウジョウバカマも花は終わって葉っぱだけ。のんきな水芭蕉がまだ、ちらほら咲いている。葉っぱはやっぱり巨大化していて、里芋の葉っぱのように大きくなっていた・・・(^_^;)。

 

水芭蕉マイヅルソウ
      ミズバショウ                    マイヅルソウ
ヒロハユキザサユキザサ
   ヒロハユキザサ(ミドリユキザサ)           ユキザサ

取立山2取立平から取立山頂を望む。
3月中旬には山頂にはまだ2mほどの雪でいっぱいだったのに・・・。
山頂から雪の斜面を滑って降りたのが信じられない気がする・・・(^^;)。

取立山山頂より赤兎山方向山頂から大長・赤兎方向を眺める。

チゴユリサワハコベ
      チゴユリ              サワハコベ         
コマユミオククルマムグラ
 コマユミ             オククルマムグラ
キジムシロニガイチゴ
キジムシロ                ニガイチゴ  

ツクバネソウ

山頂付近にはツクバネソウがたくさん咲いていた。
今日はマクロレンズも忘れずに持参して、何枚かお花のマクロ撮影を楽しんだ。
 ツクバネソウの繊細な花、柔らかな緑色、目立たないけれどよく見ると可愛らしい花だ。青い実も目を惹く。

 ツクバネソウの実も食べられると聞いている。
 ヤマボウシの赤いサクランボのような実も食べられるとか・・・。

 山頂では今日はガスを持参して焼き肉&焼きうどん、食後のコーヒーを楽んだ。白山は見えなかったけど、大汗をかいて満足の一日。
 お花の咲く山はやっぱりいいな。

              ツクバネソウ
オオカメノキ

HOME