裏山

 平成16年 2月21日 晴 参加者2名

自宅発       9時30分
裏山鉄柱    10時30分
裏山鉄柱発   10時40分
自宅着      11時40分


 
 中腹に見える鉄柱まで今日もカンジキハイクにでかける。

 

 どんよりとした空模様で、あまりいい写真は撮れなかった。
 でも暖かくて、雪もずいぶんとけたようだ。

 折れた杉の木が多くて、雪がひどかったのだと改めて感じる。
 いつものお散歩コースからそれて、右手の山に登ってみることにする。
 
 一番上の鉄柱の向こう側は鹿谷の矢戸口。

 

 冬のお散歩にも楽しみはいくつかある。
 木々を飾るリースのようなドライフラワー化した花のあと、春に備えての新芽が動物の顔のように見える木、動物の足跡。
 山はいつでもどんな季節でも楽しみはある。

 
ツルアジサイの花のあとか?      うさぎかくまの顔かな?

正面は六呂山 手前は大袋の集落     小島のような三室山

取立山               経が岳

 

HOME