バンビライン

 平成16年 4月10日 参加者2名
 平成16年 4月11日 参加者5名

 勝山駅裏駐車場発 9時00分
 第一展望台着    9時20分
 尾根          9時40分
 比島          11時30分
 勝山駅裏駐車場  12時00分(徒歩)


 バンビラインのカタクリもぼちぼちなので約20日ぶりに登る。
 10日はお天気がよかったが、11日は花曇りのような曇天だ。
 歩いていると久しぶりに汗をかくような暖かい季節になってきた。勝山駅裏の駐車場に車をとめる。
 弁天の桜が満開で、桜見物のために駐車する車も多いようだった。

登山口

 前回来た時にはまだ茅場に残雪がたくさんあったが、今日はもう跡形もない。
 登り始めてすぐにヤマエンゴサクのブルーの繊細な花、黄緑色のネコノメソウが咲いている。
 前回咲き始めていたキクザキイチゲはもう終わりのようだった。
 カタクリがあちこちにぽつぽつ咲いている。
 約20分岩場の急登を登ると、もうそこは第一展望台だ。
 勝山市全体が見渡せる。
 弁天の桜祭りの音楽が時々風に乗って流れてくる。
 経が岳から越前甲までの山々が見渡せる。
  

ヤマエンゴサクカタクリ
ヤマエンゴサク                 カタクリ
タチツボスミレ桜
タチツボスミレ               サクラ
藪椿カタクリ2
ヤブツバキ                カタクリ

 第一展望台付近は日当たりもよく、かなりのカタクリの花が咲き始めている。
 九頭竜川に靡く鯉のぼりも予算の都合で今年が最後だと、新聞に書いてあったが・・・。
 弁天の桜の花が満開で、霞のようにぼおーっとしてきれいだ。
 3月末からずーっと朝7時に家を出て、帰宅は7時というような生活が続いていて、今週は体も辛かった。
 登りの道も快調とは言えない体調で、花の写真を撮りながらボチボチ登る。
 茅場の斜面もカタクリの花でいっぱいになるはずだが、まだまだのようだ。
 

第一展望台のカタクリ勝山の街
越前甲山茅場の急登
第一展望台よりの風景              茅場の急登 

カタクリ
カタクリの花

尾根のカタクリの群生
尾根の群生

イチリンソウの中のカタクリカタクリの群生
シュンランクロモジ
シュンラン              オオバクロモジ

大長と赤兎
左 大長山  右 赤兎山

 展望台から白山が見える。
 大長山も赤兎山も見える。1500mを越す山々はまだまだ雪がたくさんだ。いつ登れるようになるのだろうか・・・。
 今年もまたどんな山やお花とに出会いがあるのか、楽しみだ。
 いつまで山に登れるのか解らないが、一度ずつの山を色んな意味で楽しみたいと思う。
 カタクリの花を写真に撮るのは難しい。何枚も撮ったが気に入った写真はあまりない・・・(^^;)。 

カタクリ

 展望台から、三角点のあるピークを過ぎたあたりから尾根道にはあまり花がなくなる。
 イチリンソウやニリンソウの葉っぱはたくさん出ているが、まだ花は咲いていない。
 そんな心の中の思いを見透かされたように、それからしばらく行くと、またカタクリの花がポツポツと咲いている。
 ショウジョウバカマやシュンランもある。
 ブナ林のあるあたりから新緑が煙るようなきれいな色だ。この季節ほんとうにしばらくの間だけの淡い緑色。
 目に鮮やかな色がやさしい。
 ショウジョウバカマもピンクの色が濃いものと薄いものがあって、楽しい。
 鹿谷の本郷の集落が見えてくる。
 

ミズナラの新緑ミズナラの新緑2
4月10日                     4月11日
 
ショウジョウバカマショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
コブシミヤマカタバミ
コブシ                    ミヤマカタバミ

比島の観音堂のあたりには、ミヤマカタバミの白い花がたくさん咲いている。4月19日には観音様のお祭りがあって、扉が開かれるようだ。キクザキイチゲの白い花もまだ咲き始めで色鮮やかだ。
下りの道は折れた木々がたくさん道の上に落ちていて歩きにくい。
道の両側にコシアブラの若芽がたくさんあって、山菜採りになってしまった。
新芽の匂いが春の山菜のとてもいい匂いだ。夕食はもちろんコシアブラの天ぷらになった(^_^)。
 

比島観音キクザキイチゲ
比島の観音堂           キクザキイチゲ

白山
左 四塚山と七倉山    右 大汝山
 

 下りの途中から白山がきれいに見えることに気が付いた。
 比島側の登山口に降りて、越前鉄道沿いの道を歩いて勝山駅まで歩く。
 約3時間のコース、楽しい春の半日だった。

HOME