日時   H16.8. 7
天候   曇時々晴
参加者  2名

コースタイム  

 5:00  自宅発
 6:00  上小池駐車場着
 6:15  上小池駐車場発
 6:30  三の峰登山口
 6:55  山腰屋敷跡
 7:55  六本檜
 8:50  剣ケ岩
10:00  三の峰避難小屋着
10:50  三の峰避難小屋発
11:00  三の峰山頂
11:50  別山平着
12:20  別山平発
13:00  三の峰避難小屋着  
13:45  三の峰避難小屋発
14:30  剣が岩発
15:10  六本檜発
15:50  山腰屋敷跡発
16:00  三の峰登山口発
16:15  上小池駐車場着
16:25  上小池駐車場発
17:30  自宅着

 5時に家を出て、一路上小池へと向かう。
 昨年は別山平のニッコウキスゲが見事だった。
 今年は白木峰と別山平のニッコウキスゲがよいのではと、小原峠で出会った方が話していたので、心はわくわくしながら別山平へ・・・。
 同時刻に出発の方も3組ほど。
 来る途中の打波川沿いの道からは三の峰は見えなかったが、天気予報は曇後晴なので、昨年は見えなかった御手洗池に写る別山の勇姿を楽しみに登ることにする。
   
 駐車所から下って、いつもの栗の大木を眺めながら歩き始める。
 刈込池の登り口を過ぎ、川沿いの道を黙々と歩く。
 三の峰登山口から段差のある木の階段を登り始める。
 山越屋敷跡までがいつも辛い。
 ここにはどんな人が、いつまで住んでいたのだろうかといつも思う。
 焼き畑農業を営みながら、作物を作り、オウレンなども作っていたのだろうか・・・。
 オニグルミの木が一本あるが実はもうなかった。熊の好物らしい・・・(^^;)。
 草がいっぱい繁っていて、奥の方のベンチまで押し寄せている。
 水分を補給して先を急ぐ。

三の峰登山口山越屋敷跡
三の峰登山口     山越屋敷跡

 ここから六本檜までは少しだらだらとした登りの道だ。
 今日は秋立つ日、立秋。もうそろそろ涼しくなってもいい頃だ。来週はお盆、夏休みも半分過ぎてしまう。
 今年は福井豪雨でボランティアに忙しく、夏休みという気がしない・・・(^^;)。
 ツルリンドウが咲いている、そしてアキギリも。下界は暑いが山はもう秋のけはいがする。
 

登りの道ツルリンドウ
山越屋敷を過ぎての登り            ツルリンドウ

アキギリ幅が平
願教寺山三の峰
左上 アキギリ          右上 幅が平の台地
左下 願教寺山              右下 三の峰

約1時間でようやく六本檜に出る。
幅が平の台地の向こうに願教寺山が見える。
赤兎山や大長山も見えるはずだが、今日は雲の中に隠れて見えない。
三の峰が雲の間からようやく見えて来る。
別山も見える。
暑いので水を大量に飲まないと、すぐに汗になって水分が出てしまう。
ツバメオモトの青い実がなっている。葉っぱの緑が柔らかな美しい色をしている(^_^)。

六本檜檜
別山ツバメオモトの葉
左上 六本檜              右上 尾根の檜
左下  別山           左下 ツバメオモトの実

 尾根の道を剣が岩に向かって歩く。右手にはダケカンバの白い木肌が見える。
 秋には美しい紅葉の中でその白い木肌が冴えて見える木だ。
 このあたりにはもうシモツケソウも咲いていない。花の季節は去年より早く、もう遅いようだ。
 ミヤマリンドウの蕾がたくさんある。

剣が岩への道ダケカンバ
?タテヤマウツボグサ
左上 剣が岩への道        右上  ダケカンバ
左下  ?           右下   タテヤマウツボグサ

 タテヤマリンドウの淡い水色の花が可憐だ。秋の花キオンも咲いている。

ミヤマリンドウヨツバヒヨドリ
オンタデミヤマキオン
上 タテヤマリンドウ 右上 ヨツバヒヨドリ
左下 オンタデ  右下 ミヤマキオン

 ミヤマコゴメグサの白い小さな花もたくさん咲いている。
 オトギリソウが雨に濡れたあとの水を含んで透けたようになった花が、繊細な細工物のようできれいだった。
 ミヤマダイモンジソウも咲いている。

ミヤマコゴメグサヤマハハコ
シナノオトギリミヤマダイモンジソウ
左上 ミヤマコゴメグサ          右上 ヤマハハコ
左下 シナノオトギり       右下 ミヤマダイモンジソウ

 咲き始めのタカトウダイが少しずつ色を深め始める途中のようで、とってもきれいだった(^_^)。

タカトウダイ
タカトウダイ

 ようやく剣が岩に到着。暑いのでなかなかきつい。
 少しずつ休んで、水分を補給するために休憩を繰り返す。

剣が岩

 カライトソウが咲いている。剣が岩を過ぎて、だんだんと高い木がなくなって、笹原の間を登って行く。

カライトソウ登りの道
シモツケソウ
左上  カライトソウ    右上 キツイ登り
左下 シモツケソウ        右下 ?
 ようやくシモツケソウの花が咲いているのを見つける。
 アザミの花に潜って、ミツバチが花の蜜を無心に吸っている。まるまるとした体型が可愛い(^_^)。
 リンドウの花の色が少し付いたもの、濃い色の花、先端が少し開いた花と色々ある。
 もうしばらくすると、リンドウの季節になるのだなあ。

ミヤマキオンノアザミ
ミツバチオヤマリンドウ
左上 ミヤマキオン       右上 ノアザミ
左下 ミツバチ     右下 オヤマリンドウ

 ヨツバシオガマの巴型の花のピンクが風車のようだ。
 クロトウヒレンのピンクの花の色が優しい。黒とピンク、不思議な色の組み合わせだ。

ヨツバシオガマ稜線の山々
遠望クロトヒレン
左上  ヨツバシオガマ  右上  稜線の山々
左下 遠望          右下 クロトウヒレン

 タカトウダイの咲き始めの花がきれいだった。足を止めて撮らずにはいられなかった・・・。
 違う季節には違う花が咲いている。始めて出会う花にも心がときめくが、おなじみの花でも咲き始め、最盛期、もう終わりかけの花、濃い色の花、薄い色の花と花にも個性がある。山に登るのも、登る人とは一期一会だが、お花とも一期一会だ。

ハクサンタイゲキ
ハクサンタイゲキ

 マツムシソウがうす紫色の大きな花を付けている。

タカネマツムシソウ
タカネマツムシソウ

コバノギボウシシモツケソウ
ヤマハハコマルバダケブキ
左上 コバノギボウシ     右上 シモツケソウ
左下 ヤマハハコ      右下 マルバダケブキ

 打波頭の最後の登りだ。ここまでくるとたくさんのお花が咲いている。
 ウメバチソウが少しクリーム色がかった咲き始めの花をたくさん咲かせている。
 オートで撮るとピントがなかなか合ってくれない。何枚も撮ってもうまく撮れない(^^;)。
 ウスユキソウを楽しみにしていたのだが、もう遅くて花の盛りは過ぎてしまっていた。
 ハクサンフウロの花は、雨を含んだ花びらが透けて、水滴をしたたらせている。

打波の頭へ
打波の頭へ
 

ウメバチソウハクサンフウロ
ウメバチソウ     ハクサンフウロ
ミネウスユキソウコウメバチソウ
ヤマトラノオサクサンシャジン
左上   ウスユキソウ     右上 コウメバチソウ
左下 ヤマトラノオ            右下 ハクサンシャジン

 ようやく三の峰避難小屋への水平道に到達する。しばらく行った所に、木苺が生っていたが、今日は見つけられなかった。
 10時避難小屋に到着、ガスっていて、避難小屋の中で休むことにする。

三の峰の標識カニコウモリ
ハクサンフウロ三の峰避難小屋
左上  三の峰避難小屋の碑    右上 カニコウモリ
左下   ハクサンフウロ    右下 三の峰避難小屋

 小屋にリュックを置いて、10時50分別山平まで行くことにする。
 誰にも会わない。別山はガスの中で見えたり隠れたりしている。

三の峰三の峰山頂
別山へ別山への道
左上  三の峰    右上 三の峰の碑
左下 別山への道 右下 同じく


 山頂から少し下ったあたりにニッコウキスゲの黄色い花が咲いている。
 一旦下って、また登り始める。
 途中の花はイワショウブ、カライトソウ、シモツケなどが咲いている。
 11時50分、約1時間でようやく別山平に到着する。

別山と御手洗池
別山と御手洗池

別山
別山の勇姿

 池の付近には可憐なミヤマリンドウの花が咲いている。イワショウブの白い花も咲いている。
 ガスっていたが、しばらく待っていると霧が流れて別山の勇姿が見えた。
 湖面に映る別山は青空も少し見えて凛としてきれいだった。
 ニッコウキスゲは見えなかったが、今年は別山の勇姿を見て満足する。

別山イワショウブ
別山           イワショウブ
ミヤマリンドウミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ
エゾシオガマ三の峰避難小屋
エゾシオガマ         三の峰避難小屋へ

 12時20分、別山平を出発。1時に三の峰の避難小屋の到着。
 小屋では懐かしいお仲間の顔に遭遇、びっくりしてまともな挨拶ができなくて残念でした。
 (次回からは笑顔でご挨拶できると思うので、声をかけて下さい<(_ _)>。)
 しばらく休んで三の峰の小屋を出発して帰路に着いた。
 帰りは飛ばして、上小池の駐車場まで3時間かからなかった・・・(^^;)。
 家に帰ったら5時30分。今年も別山平まで行けてよかった。
 

HOME