別当出合い〜南竜〜別山〜南竜山荘

 平成16年 8月22日〜23日 参加者3名

 自宅発       4時00分
 市の瀬着      4時50分
 市の瀬発(バス) 5時00分
 別当出合発    5時30分
 中飯場       6時15分
 別当覗       7時05分
 甚之助避難小屋 7時40分
 甚之助避難小屋発7時50分
 南竜分岐      8時15分
 南竜山荘      9時20分
 南竜山荘発    9時30分
 天池着       11時15分
 天池発      12時15分
 別山着      13時30分
 別山発      13時40分
 天池着      14時45分
 南竜山荘     15時25分

南竜山荘〜エコーライン〜観光新道〜白山禅定道〜市ノ瀬

 南竜山荘発    6時00分
 弥陀ヶ原      7時15分
 黒ボコ岩      7時20分
 殿ヶ池小屋着   8時05分
 殿ヶ池小屋発   8時55分
 白山禅定道分岐10時00分
 慶松平      10時15分
 六万山      12時12分
 白山禅定道登山口12時42分
 釈迦新道登山口13時00分 
 市ノ瀬       13時20分
 御前荘       14時00分
 勝山着       15時30分


 8月22日

 今年の白山も南竜山荘で宿泊する。
 帰りはお天気がよかったら、観光新道から白山禅定道を歩くことにする。
 白山禅定道(旧越前禅定道)は泰澄大師が歩かれた道ということで、白山本道ともよばれる。
 平成11年に復元された。

 4時に家を出て、4時50分市ノ瀬着、5時のバスで別当出合へ。
 5時30分、別当出合を出発して歩き始める。
 6月の大雨で流された吊り橋の変わりの橋がもうできている。
 今までは一旦河原に降りたが、そのままの高さから吊り橋を渡れるようになっている。
 今までの橋よりも幅は狭いが、随分高い位置にある。
 吊り橋の上から壊された以前の橋が見える。
 砂防新道コースを歩き始める。
 土砂の流れた爪痕もそのままあったり、歩き始めの登山道が整備されていて目新しい。
 キツリフネソウにタマガワホトトギスが咲いている。
 

別当出合吊り橋吊り橋からの風景
ミヤマシシウドキツリフネ
別当出合の吊り橋
左下 ミヤマシシウド 右下 キツリフネ

 歩き始めて45分で中飯場に到着。
 汗をかいたので、ゆっくり水分を補給しながら休憩。
 日曜日とあって人出はそれほど多くない。
  

 45分歩いて、別当覗に到着。
 大雨で周囲の土砂が流された跡が痛々しい。
 谷の両側の土砂が、吊り橋を流すほど流出したということが、福井豪雨のこともあって実感として感じられる。
 自然の脅威を改めて思う(^^;)。
 サラシナショウマが咲き始めている。柔らかそうな花に触ってみたくなる。
 センジュガンピもまだ少し咲き残っている。
 
 

ミヤマハナウドサラシナショウマ
別当覗別当覗標識
左上 オオハナウド 右上 サラシナショウマ
左下 別当覗  右下 別当覗標識 

 甚の助避難小屋の少し手前でシロバナトリカブトを見つけた。白い花のトリカブト。突然変異で色素が抜けたのだろうか?
 紫色のトリカブトも咲き始めている。オニシモツケの白い色がきれいだった。
 また40分歩いて甚の助避難小屋に到着。
 今日は別山は雲の中で見えない・・・。 
  

ハクサントリカブトオニシモツケ
シロバナヨメナシロバナトリカブト
左上 ハクサントリカブト  右上 オニシモツケ
左下 シロバナヨメナ 右下 シロバナトリカブト

 甚の助避難小屋から約20分で南竜への分岐へ到着。
 南竜への水平道をとる。ハクサンフウロがまだたくさん咲いている。ハクサントリカブト・シモツケソウもたくさん咲いている。
  

御舎利山南竜分岐
ハクサンフウロシモツケソウ
左上 御舎利山 右上 南竜分岐の水平道
左下 ハクサンフウロ 右下 シモツケソウ

 霧の晴れ間から南竜の深い緑の台地が見えてくる。お天気はイマイチだがお花の写真を撮るにはいい日だ。

南竜へハクサンアザミ
ハリブキの実コメススキ?
左上 南竜の台地へ  右上 ハクサンアザミ
左下 ハリブキの実 右下 コメススキ?

 今年は少し花が早いようで、クロユリやハクサンコザクラ・アオノツガザクラ・ベニバナイチゴ・ニッコウキスゲの花はもう咲いていなかった。変わりにハリブキやベニバナイチゴの真っ赤な美味しそうな実がとてもきれいだった。
 ミヤマホツツジ・ヤマハハコ・ミヤマキオン・ミヤマコゴメグサ・オヤマリンドウなどの花が咲き始めている。
 

南竜山草へベニバナイチゴ
ミヤマホツツジ南竜山草
左上 南竜へ 右上 ベニバナイチゴの実
左下 ミヤマホツツジ 右下 南竜山荘 

 トウヒの間を抜けると南竜山荘が霧の中に見えてきた。
 南竜の谷は緑が豊かに深く、静かで何回も来たくなる風景だ。
 川を渡って、南竜ビジターセンターに到着。まだ9時20分だ。
 ビジターセンターに荷物を置いて、天池で昼食をとることにする。雨が降らなかったら別山まで行ってみよう・・・(^_^)。

南竜山荘ミヤマダイモンジソウ
南竜へ川を渡って
左上 南竜山荘   右上 ミヤマダイモンジソウ
左下 南竜への道 右下 川を渡って

 ケビンの横を下って湿原に出る。木道の両側にチングルマのほうけた花のあとがたくさん残っている。
 チョウジギクを始めて見た。菊科の花だ。変わった色と形をしていて、オレンジ色が鮮やかだ。
 ミヤマリンドウの青紫の小さな花が可憐だ。いつ見ても見飽きない色と形をしている。
 クチバシシオガマがまだ咲いていた。
 だんだんと、空模様が怪しくなってきた(^^;)。

ミヤマリンドウチョウジギク
湿原の木道クチバシシオガマ
左上 ミヤマリンドウ 右上 チョウジギク
左下 湿原の木道 右下 クチバシシオガマ 

 イワイチョウがまだ咲き残っている。大好きなモミジカラマツも咲いている(^_^)。

イワイチョウモミジカラマツ
左上 イワイチョウ 右上 モミジカラマツ

 湿原が終わり一旦下って、油坂を登り始める。
 少しずつ高度が上がって行き、南竜山荘がかすかに見える。
 油坂の頭から御前峰がガスの晴れ間から見えてくる。
 エコーラインがよく見える。
 

油坂の頭より御前峰を望む
油坂の頭より御前峰を望む

 別山へ向かう道は、人がほとんどいなくて静かだ。
 オヤマリンドウやコウメバチソウがたくさん咲いている。
 コバイケイソウが一株だけきれいに咲いていた。
 歩きながら木苺の実を見つけると口の中に放り込みながら歩く(-_-;)。 

オヤマリンドウコウメバチソウ
コバイケイソウミヤマニガイチゴ
左上 オヤマリンドウ 右上 コウメバチソウ
左下 コバイケイソウ 右下 ミヤマニガイチゴ

 シモツケソウが群れて咲いている。
 深く切れ込んだ谷間に霧が流れている。人っ子一人いない。別山までの道はいつも本当に静かだ。
 随分前に来た時には、斜面ごとにシナノコンバイ・ニッコウキスゲ・ハクサンイチゲが咲き乱れていたが、今はもう秋のけはいだ。
 マツムシソウがちょうどいい時期のようであちこちで群れて咲いている。
 荷物を置いてきたので歩きやすい。

シモツケソウ別山への道
別山への縦走路カライトソウ
左上 シモツケソウ 右上 別山への道
左下 別山への縦走路 右下 カライトソウ

 11時15分、天池到着、お昼だ。ずーっと前に来た時には、池の周囲にキヌガサソウがたくさん咲いていたのが印象的だった。
 今日はミヤマリンドウがたくさん咲いている。小さな可憐な花びら、蕾は青紫色が濃く、花が開くと水色に近い色になる。
 本当に小さな花なのに、静かにひっそりと咲いていて、見るたびに心がひかれる花だ。
 お弁当にする。トンチャンとおうどん、お酒ありでゆっくりと昼食を食べる。
 天池は昔の室跡で、石垣が埋まっているとか。
 信仰の対象の山だった昔、白山も女人禁制の山だったとか・・・。
 こうして気軽に登れてしまうことがありがたいことなのか、そうではないのか・・・。
 苦労して登り切った時の喜びはもっと深かったのかもしれない、などと昔の人のことを思ってみる。

タカネマツムシソウミヤマリンドウ
天池シナノオトギリ
左上 タカネマツムシソウ 右上 ミヤマリンドウ
左下 天池 右下 シナノオトギリ

 昼食をとって元気になったところで別山まで行くことにする。しかし雲行きが怪しくなってくる。
 タカネマツムシソウやコウメバチソウが本当にきれいだ。
 オオヒョウタンボクの真っ赤な双子の実も目が覚めるように美しい色合いで、はっとさせられる。
 

別山へタカネマツムシソウ
オオヒョウタンボク別山へ
左上 別山への道 右上 タカネマツムシソウ
左下 オオヒョウタンボクの実 右下 別山への道

 うねうねと別山までの道のりは長い。
 イワショウブの白い花が咲いている。純白から少しピンクがかって、最後は赤くなってゆく色の変化も美しい。
 大長山の山頂で咲いていたのが印象的だった花だ。

別山への道別山へ
イワショウブ縦走路
別山への道 左下 イワショウブ

 御舎利山の下あたりにウサギギクが咲いている。少し時期が遅いようだが、何とか今年も間に合って見られた(^_^)。


別山へウサギギク
チングルマ別山へ
別山へ 右上 ウサギギク 左下 チングルマ

 13時30分、ようやく別山に到着する。
 視界が悪く、別山平・三の峰の方向は全く見えない。
 空模様が怪しくなってきたので、慌てて南竜へ引き返す。
 天池あたりで雨になり、一旦止んだが、油坂の頭あたりで本格的な雨となり慌てて下る。
 そのまま本格的な雨となってしまった。
 

アカモノ待避場
別山別山神社
左上 アカモノ 別山神社

 3時30分、南竜山荘到着。合羽や靴・衣類は乾燥室で乾かさせてもらう。
 本日の南竜山荘宿泊者は7名。ほとんど貸し切り状態だった。
 6時に夕食を食べて、その後はみんなでオリンピックの観戦をする。
 何だかしみじみとした南竜の宿泊だった。28名入れる部屋も4人で占領、ゆっくりと寝られた。

8月23日へ続く

 

 

HOME