平成17年 5月 1日 参加者2名
 
 自宅発         6時45分
 百合谷駐車場発   7時40分
 百合谷着       8時05分
 百合谷発       9時00分
 駐車場着       9時30分
 自宅         11時30分
 


  ミズバショウが満開だと聞いたので、焦って翌日状況調査に行くことにした。
  谷峠のトンネルを福井県側から越えると、道の両側にまだ残雪がたくさんあって、冬があちこちに残っている。
  大嵐山への道は雪もなく、土砂崩れもなく快適だった。
  駐車場にはまだ車が2台、早朝の混雑する前を狙う人たちのようだ。

   登り始めてすぐ登山道の脇にまだ雪がある。
   木々の芽吹きもこれからだ。

雪解け水登山口まだ雪がある登山道

看板

 峠を過ぎて下りの途中から雪崩のため本道は通行止め。
 杉林の中の迂回路を左に折れて進む。
 杉林の中にも雪がたくさん残っていて、ロープに沿って進む。。

 小川を渡るとミズバショウが残雪の間から見えてくる。
 満開と聞いたが、場所によってはまだ咲いていない所もあって、全体的には三分咲きといったところか?

ミズバショウミズバショウ

 花はまだ開いたばかりのようで、庖に花の跡のブツブツがしっかり付いている。
 連休中、しっかり楽しめそうだ。

アップでまだ雪が・・・
新芽の芽吹きミズバショウ

 帰りはブナ林コースを取る。
 イワナシの花が咲いていた。先っぽのうす紅色が可憐だ。葉っぱの産毛のような白い毛が柔らかそうだ。
 イワウチワの花がミズバショウの側の斜面に群生していた。
 咲き始めの花は花色が濃いピンクだった。

 ブナ林の芽吹きの色が煙るようできれいだった。

イワナシブナ林
 

イワウチワブナ林
ブナ林イワウチワ
 

HOME