飯降山(884.3m)

 平成16年 5月21日 参加者2名
 
 自宅発         7時40分
 飯降山登山口発   8時20分
 戌山城趾       9時20分
 無線中継地     10時50分
 飯降山着      11時20分
 飯降山登山口発  12時10分
 自宅着       13時00分
 


 今日は昨年ゆっくり登れなかった飯降山をゆっくり登ることにする。
 お天気は朝から雨がぽつぽつしているが、カッパを着るほどの雨でもない。
 スパッツだけつけて歩き始める。
 登り口にヤマツツジがもうオレンジ色の花を付けている。

登山口登山道の案内
飯降山白山大権現の碑ヤマツツジ
ツクバネウツギ右登山道

 飯降白山大権現に登山の無事をお願いして歩き始める。
 「クマ注意」の看板の場所で右側の山道を辿る。
 今年は雪が多かったせいか、松の木の倒木が何本も登山道に横たわっている。
 ツクバネウツギの白い可憐な花が咲いている。

倒木倒木
戌山城趾への案内ミヤマナルコユリ

 戌山城趾の郭方面への道を歩く。
 ナルコユリの白い花が登山道の両側にずーっと咲いている。
 この道にも倒木が何本かある。
 鳥かリスの巣だったような大きな穴の開いた倒木、倒れてはいないが、それも時間の問題のような大きな穴が幹に開いてしまった木もある。
 昨年はこんな倒木はなかったと思うのだが・・・。それほど今年は雪が降ったということなのか・・・?

倒木倒木
朴の木登山道

 ユキザサの斑入りの葉っぱがきれいだ。
 ギンランが一輪だけひっそりと咲いていた。背丈10cmほどの可愛らしい清楚な花だ。
 新緑の山道の腐葉土の感触が足裏に優しい。
 時々何の匂いだろうか、いい匂いがする。朴の花の匂いなのだろうか・・・?
 

松の枯木ギンラン
ユキザサ登山道

 9時20分、戌山城趾に到着する。分岐から約30分、なかなか遠かった(^^;)。

戌山城趾説明戌山城趾説明

 郭跡の広場は緑色に包まれて、落ち着いたたたずまいだ。
 木々の枝があって大野の町並みは見えないが、名水マラソンの開会式のアナウンスがよく聞こえてくる。
 ヤマボウシの花が咲いている。緑色の花芯が美しい。

郭跡郭跡
新緑ヤマボウシ

 本道に戻って飯降山への道へもどる。
 杉の木の枝打ちしていた方にクマがいないか聞いてみる。
 杉の皮を剥いた跡があって、クマはいるようだ・・・(-_-;)。
 今日はラジオを持ってこなかったので、話をしながら歩く。
 10時50分、ようやくケーブルテレビのアンテナのある場所に着く。
 戌山城趾への道往復1時間が結構答えた・・・。
 コマユミの小さなクリーム色の花、ハンショウヅルの真っ白な釣鐘状の花が咲いている。

ナナカマドアンテナ
コマユミハンショウヅル

 ブナ林に入ると緑が美しい。トキワイカリソウの赤紫の花や白い花がまだ咲いている。
 展望が開けた所から荒島岳がぼんやり見えてくる。
 大野盆地から眺める荒島岳は見る角度が違うが、全く違う山に見える。
 ようやく石仏のある小さな広場に小屋が見えてくる。
 三体の石仏がいらっしゃる。
 大きな杉の木の鬱蒼と繁る場所を越えると三角点のある飯降山山頂の小さな看板の所に出る。
 桜の花のようなアズキナシの小振りな花が咲いている。

シオデアズキナシ
シライトソウシライトソウ

 シライトソウが咲き始めている。蕾がたくさんあった。いつかちゃんと咲いている時期にも登ってみたいものだ。
 ミツバツツジのピンクの花が可愛い。ワスレナグサの青い小さな花が群生していてきれいだ。

オオカメノキトキワイカリソウ
ミツバツツジワスレナグサ

 眼科に広がる大野の町並み。遠くには荒島岳。
 山と山の間から三の峰が見えるような気がするのだが・・・。今日は曇り空なのではっきりしない。

大野の町並荒島方面を望む

 お地蔵様のお顔が優しい笑顔だ。
 山頂まで行ってから、展望の良い大野の町並みを見下ろせる場所で昼食にする。

檜お地蔵様
釈迦如来山頂の小屋

 ウラジロヨウラクが新緑の中で可愛らしい釣り鐘状の花を付けている。
 チゴユリの群生が見事だ。

反射板ウラジロヨウラク

チゴユリ

 下りはカメラをザックにしまって飛ばして降りる。1時間もかからなかった・・・。
 新緑の飯降山、とってもよかった・・・(^_^) 。

 

HOME