砂防新道〜エコーライン〜室堂〜お花松原〜室堂泊〜ご来光〜お池巡り〜観光新道                         line

日時   H17. 8. 7〜8
天候   晴一時雨
参加者  3名

コースタイム 

7日(日)
 4:00  自宅発
 5:20  市ノ瀬発
 5:55  別当出合発
 6:40  中飯場
 8:05  甚ノ助小屋着
 8;45  甚ノ助小屋発
 8:55  南竜分岐
 9:20  エコーライン分岐
10:35  弥陀ヶ原合流
11:05  弥陀ヶ原発
11:20  室堂着
12:30  室堂発
13:00  百姓池
14:10  お花松原
15:12  中宮道分岐
16:00  室堂
17:00  夕食
19:00  就寝

8日(月)
 3:30  起床
 4:00  室堂発
 4:30  御前峰着
 5:04  ご来光 お池巡り
 6:30  朝食
 8:30  平瀬道途中まで〜
 9:30  室堂
11:30  室堂発
12:00  黒ボコ岩
12:35  殿ケ池避難小屋着
14:10  殿ヘ池避難小屋発
14:35  千人窟
15:30  別当出合着
15:50  別当出合発
16:05  市ノ瀬
16:30  御前荘
18:00  自宅着 

 


お花松原

 12時20分、室堂で宿泊の確認をして、部屋に荷物を置いて身軽になって歩き始める。
 お花畑コースを歩いて中宮道の分岐に向かう。
 水屋尻雪渓の雪がまだ大きく残っている。 
 ハイマツの雄花が赤く色づいていてきれいだ。

水屋尻雪渓ハイマツの雄花

 お池巡りコースの看板が見えてくる。位置を確認しながら、百姓池の方向へ向かう。

お池めぐり看板

 雪に覆われた千蛇が池が見えてくる。泰澄大師が凶悪な蛇千匹を封じ込めた池と言われている。
 雪が解けた時には御宝庫の岩が崩れて、千蛇を逃がさないようになっているとか・・・。
 雪がすっかり解けてしまった時はないのだろうか・・・?
 13時、百姓池が見えてくる。

千蛇が池と御宝庫百姓池

 中宮道の分岐の案内板が見えてくる。
 剣ガ峰と大汝峰の間を四ツ塚山のある北の方向へ降りて行く。
 御前峰の尾根を人が歩いているのがありのように小さく見える。
 

中宮道分岐御前峰

 岩場の縁に小さな花が咲いていた。
 何だろうと思ったが、あまりしっかりした写真を撮らなかったのだが、後で調べてみるとヒメクワガタのようだった。
 しまった・・・、もっとちゃんとした写真を撮ってくるのだった(-_-;)。
 夕食の時間が5時で間に合わせないと・・・と慌ててのお花松原行きなので、ゆっくり写真を撮っている時間がないのだった・・・。

ヒメクワガタオンタデ

 岩場にかたまってイワツメクサが咲いている。小さな可愛いらしい花だ。
 イワツメクサの中に青い色のイワキキョウが混じって咲いていたり、黄色いミヤマキンポウゲが混じっていたりする。
 この時点でかなりの写真の枚数を使ってしまったので、帰りに写真を撮ろうと思ったのだが・・・。
 大汝峰の残雪が間近に見える。
 剣ガ峰と大汝峰の間の急坂をどんどんと下ってゆく。

イワツメクサ中宮道

 下りの道にクルマユリが咲いていたり、シナノキンバイの黄色い花、アオノツガザクラが見渡す限り群生している。
 ヒルバオ雪渓の縁に水場がある。雪解けの冷たい水が美味しい。

雪渓下りの途中

 見渡す限りのアオノツガザクラが咲き乱れる〜(^_^)。

一面のアオノツガザクラ

 雪渓のあたりはまだ雪が消えて間がないようで、コゴミやナナカマドの葉っぱが5月の頃のような若々しい色をしている。
 四ツ塚山の麓、山と山の谷間にお花松原はあるので、どんどんと下ってゆく。

お花松原への下り?

 黒百合の群生があちこちに見えてくる。
 盛りを過ぎた花もあるが、まだまだたくさんの花が咲いている。
 これだけたくさんの黒百合を見たのははじめてだ(^_^)。

黒百合

 花の中は褐色の斑点がいっぱいある。においはあまりよくないらしいが、褐色の花の色は珍しい。
 クルマユリのオレンジ色の花もあちこちに咲いている。

黒百合クルマユリ

 少しガスってくる。案内書に中宮道の分岐は残雪があって、ガスが発生しやすいので道に迷うことがあるなどと書かれていたので、ややビビる。ようやくお花松原に到着する。
 写真家の白山の写真集に必ずある剣が峰の残雪を含んだアングルだ。
 室堂から3km、別当出合から9km、一日の行程12kmの道のりになる。
 少し先まで行って引き返すことにする。

剣ケ峰

 下りは楽だが、登りはきつい。案内書には下り1時間10分、登り1時間40分と書かれている。
 14時10分、帰路に着く。

お花松原よりの帰路

 だんだんとガスってくる。
 15時10分、中宮道の分岐を過ぎたあたりで雨がぽつぽつ降ってくる。
 カッパを着ているうちに本格的な雨となり、千蛇が池の横の最短の道を通って室堂まで帰る。
 16時室堂に着く。

四ツ塚山方面を望む剣ガ峰の斜面

ご来光へつづく・・・

HOME