(2,128m)                                line

日時   H18. 8.27
天候   晴
参加者  3名

コースタイム 

 5:00  勝山発
 6:20  上小池駐車場発
 6:37  三の峰登山口
 6:55  山腰屋敷跡
 8:00  六本檜
 8:55  剣が岩
10:20  三の峰避難小屋
11:00  三の峰避難小屋発
12:00  別山平
12:30  別山平発
13:15  三の峰避難小屋着
13:30  三の峰避難小屋発
14:20  剣が岩
15:05  六本檜
16:05  山腰屋敷跡
16:20  三の峰登山口
16:40  上小池駐車場着
17:40  勝山着


 8月、2回目の三の峰。今日は別山平まで行く予定で出発する。
 
 6時20分出発。
 6時37分、三の峰登山口、6時55分山腰屋敷跡に到着する。
 ウバユリの花はもう終わっていて、トリカブトの蕾らしい固い蕾があった。
 ススキの葉っぱの上に小さな虫がいた。シリアゲ虫だ。
 雄はしっぽの先っぽが上を向いている。
 かなり馬面をしている。桃屋の江戸紫の三木のりへいさんの宣伝を思い出してしまった。
 こんなページがあったので、興味のある人はのぞいてみてください。

 http://www.momoya.co.jp/anime/index.html
  

シリアゲムシ 何だか馬面だなあ〜三の峰〜別山

 8時六本檜到着、今日はお天気はイマイチのようだ。
 雲の晴れ間から少しだけ別山が見えてくる。
 もうキンミズヒキやアキノキリンソウなどの、秋の花が咲いている。
 リンドウの蕾があった。上の方へ行くと咲いている花もあるかもしれないと期待する。

オオカメノキノリウツギキンミズヒキ
アキノキリンソウサラシナショウマタムラソウ
ツルリンドウモミジカラマツリンドウの蕾

 サラシナショウマの白い花、タムラソウのアザミのトゲのないような花、ツルリンドウの花、どの花もきれいだ。
 きれいな花を見るたびに、カメラのシャッターを押したくなる。結局最終的に300枚以上の枚数を撮った。
 タテヤマウツボグサはもう終わりに近いようだ。細かい水滴が付いている。
 ナナカマドの白い花がまだ咲いている。今日は荒島岳は見えない。

タテヤマウツボグサハクサンタイゲキ
ナナカマド青空が見える

 六本檜から登りの道になり、高山植物が増えてくる。
 リンドウの色づいた花があった。紫色の花は可憐だ。
 8月のはじめに来た時には、シモツケソウが咲き始めできれいだったが、もう今は終わっている。

オヤマリンドウタカネマツムシソウ

 ヤマハハコ、イチゴの実、トモエシオガマのピンクの花、どれもきれいだ。
 マツムシソウも今が盛りだ。

ヤマハハコバライチゴ
トモエシオガマ?

 ツルニンジンのピンクの大きな花が咲いている。
 足下にはミヤマコゴメグサの白い清楚な花。
 今日は風があって、あまり暑くないのがありがたい。

ツルニンジンミヤマコゴメグサ
最後の登りトモエシオガマ

 剣が岩を越して、最後の急登のあたりにはもうトリカブトがたくさん咲いていた。
 ウメバチソウも咲き始めの蕾が多く、咲いている花も元気がよくてきれいだ。

タカネマツムシソウシモツケソウ
ウメバチソウハクサントリカブト

 ハクサンフウロもまだ咲き残っていた。
 ウスユキソウが露の滴を葉っぱの先にためて、朝日に輝いている。もう終わりだ。
 ガスっていて、山頂方向はしっかり見えない。

ハクサンフウロウスユキソウ
アマニュウハクサントリカブト

 10時20分、ようやく三の峰の避難小屋に到着する。
 北側の雪渓は少し残っていて、その斜面にハクサンコザクラがまだ咲いていた。
 クロユリは背の高い草に覆われた草原になっていて、見つけることができなかった。

最後の登り二の峰方面の道から

  二の峰の方向にはハクサンタイゲキがきれいなクリーム色で元気に咲いていた。
 コイワカガミもきれいなピンク色の花を咲かせている。 

ハクサンコザクラハクサンタイゲキハクサンコザクラ
ヨツバシオガマシロヨメナマイヅルソウの実
カラマツソウイワカガミハクサンタイゲキ

 昼食をとってから、荷物を置いて11時に別山平に向けて出発する。
 今日は人が少なくて前回とはうって変わって静かだ。

怪獣か馬の顔か。。。サラシナショウマ
イワショウブハクサンフウロ

 三の峰の山頂や別山は、今日はあまりはっきりとは見えなかった。
 わずかな晴れ間に、見えた三の峰の山頂を写す。
 

三の峰山頂

 別山平まで行く途中、ガスが濃くなってくる。
 途中のトウヒが風にスカートの裾を翻しながら、枯れ木と一緒にダンスを踊っているように見える。

 別山平へ

 12時別山平に到着する。
 ニッコウキスゲは途中の北側の斜面にはまだかなり咲いていたが、別山平にはほとんど咲いていなかった。
 御手洗池まで行って、そこで休憩する。

別山平別山への看板
御手洗池イワショウブ

 池の水がずいぶん少なくて、池の底が見えている。奥の方の池には水がある。
 池の周囲にはイワショウブとイワイチョウの白い花が咲いている。
 ミヤマリンドウの青い小さな花もたくさん咲いている。
 ニッコウキスゲがいくつか咲き残っていた。
 

ニッコウキスゲミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ一株だけ色が違う・・・

 ミヤマリンドウの花の色もいろいろだ。濃い色薄い色そして、一輪だけ色の違う花がが咲いている。
 薄紫の淡い色の花だ。
 ライブビューBモードで撮ってみるが、液晶画面ではピントの山がつかみにくく、たくさん撮ったわりに、いいと思える写真が少ない。紫色が目に見た色と違う。本物はもっと色鮮やかな色なんだが・・・。
 12時30分、避難小屋に向けて帰路につく。

イワイチョウスギゴケ?
シロバナヒメシャジンとその実オヤマリンドウ

 13時15分、三の峰避難小屋に到着。
 しばらく休んで、13時30分、帰路に着く。
 六本檜に着いた頃、ようやく晴れてきて別山も三の峰もしっかり見えてくる。

 三の峰避難小屋お花畑
青空がきれい別山

 クサボタン、キッコウハグマ、ツリフネソウ、ヒヨドリバナと秋の花がたくさん咲いている。
 山腰屋敷を過ぎてしばらくの所に、ミズナラの葉と青い実が付いた枝がたくさん落ちていた。
 行きに風で落ちたのかどうしたんだろうと話していたが、帰り道に先頭を行く人がリスを見た。
 枝を落として、落ちた木の実をせっせと冬のために埋めているようだ。
 どれほどたくさんの昆虫から鳥や動物などの生き物が、この山の中で生活しているのだろか・・・。

キッコウハグマボタンヅル
ツリフネソウヒヨドリバナ

 16時20分、三の峰登山口に降りてくる。
 風沿いの道を歩くと、ススキが日を浴びて、穂が輝いて見える。
 もうすっかり秋の風景だ。

ススキ

 16時40分、上小池の駐車場に無事到着する。
 もう車は我々の他に1台しかなかった。
 今日も無事に帰ってこれてよかった〜。

HOME