7( 550.3m)                               

日時   H19.4.30
天候   晴
参加者  2名
コースタイム 

 8:00  大師山登山口発
 8:30  前坂(大師山伏拝)
 9:00  大師山山頂着
 9:45  大師山山頂発
10:20  大師山登山口

 今の時期登れる山は限られている。
 林道が開いていない山には登れないし、あまり高い山にはまだ残雪がある。花もまだあまり咲いていないだろう。
 というわけで、早春の時期に毎年登る大師山へ行くことになる。

 新緑が美しい。やわらかな光が溢れている。
 ルノワールの絵の中の木々の色のような光に満ちている。

登り始め新緑がきれい

  今日はいいお天気だ。青空がまぶしい。
  イカリソウがたくさん咲いている。白い花が清潔な感じがする。

  キランソウもあちこちにかたまって咲いている。
  キランソウは別名をジゴクノカマのフタとも言うそうで、民間薬として用いられることも多い。
  優れた薬効から「イシャコロシ」「医者倒し」と呼ばれる地方もあるそうだ。
  地獄の釜に蓋をして、病人をこの世に追い返す由来も、優れた薬効からきているのかもしれないとどこかで読んだ気がする。

いいお天気イカリソウ
キランソウ前坂

  前坂で少し休憩して、また登り始める。
  スミレもたくさん咲いている。
  花びらを透かす光もやさしく、ようやく暖かくなってきた季節に、植物は芽吹きの季節を迎えている。
  赤のイカリソウも咲く。

ユキザサか?逆光に透けるスミレ
シハイスミレ?イカリソウ

  チゴユリも咲き始めている。
  イカリソウの出たばかりに葉っぱがつやつやとして、作り物のビニールのような質感に見える。
  手で触れてみたくなる。

チゴユリイカリソウの葉っぱ
   

  大師堂に着く。
  すぐそばに雷に打たれた木が残っている。
  幹の根元が黒く焦げている。しかしまだちゃんと生きている。 

大師堂雷の落ちたあと

  9時に山頂に到着。今回もマウンテンバイクが一台、先客がいた。
  今回も法恩寺山の見える方向に座って朝食兼昼食を食べる。
  山頂ではイワカガミの花が咲いている。
  法恩寺山でパラグライダーが飛んでいるのが見える。
  今日は気持ちがいいだろうなあ〜。
 

山頂の祠九頭竜川の下流方向
越前甲山法恩寺山

  経が岳もまだ谷間に残雪が見える。
  しばらく休んで帰路に着く。

経が岳ヤマルリソウ
イワカガミ?

  今回は行きはレンズを14−54、帰りは50mmマクロに変えて写す。

HOME