(1,307m)                              line

日時   H19. 5.13
天候   曇
参加者  29名
コースタイム 

 8:40  温泉センター水芭蕉発
 9:10  登山口
11:00  取立山山頂着
11:30  水芭蕉群生地・避難小屋
13:00  こつぶり山発
14:30  駐車場着
15:00  温泉センター水芭蕉着


 温泉センターミズバショウ主催のミズバショウ探勝会のお手伝いで一週間ぶりに取立山に登る。
 マイクロバスで出発する。
 新聞でミズバショウが見頃と報道されたので、今日は大にぎわいで登山口の駐車場は満員の盛況だ。
 準備体操の後、準備を整えて出発する。

 今日はゆったりの時間配分なので、最後尾からゆっくり花の写真を撮りながらの登りだ。
 今日のレンズは先週の大滝が一枚に入らなかった失敗を生かして、14−54mmレンズ1本にする。
 銀塩換算28−108mm、しかし重い。50mmマクロレンズだと、とても軽いのだが・・・。
 いきなりイワナシの可憐な花が咲いていて、マクロレンズも持ってこなかったことを後悔する。
 今日は雲が多く、経が岳も越前甲山も見えない。
 
 11時に山頂に到着する。
 白山も見えない。
 しばし休憩のあと、取立平を目指して出発する。

イワナシ山頂より取立平へ
白山は見えず取立平へ

  風が強く、少々肌寒い。
  イワウチワの花が群生していて、薄いピンク色が桜の花びらの色のようで可憐だ。   

イワウチワ後ろから
  

  川を渡ったところの岩の間に小さなミズバショウがかたまって咲いていた。
  小屋でトイレ休憩のあと、取立平へ。
  たくさんの人がミズバショウの湿原の周囲で昼食をとっている。
   

こんなところにも。。。ミズバショウ

  先週は雪のとけた所に少しだけ咲いていた水芭蕉が、もうかなり開いている。
  写真には写っていないが、人・人・人でいっぱいだ。

取立平取立平
取立平ミツバオウレン

   まだ少し早いようだ。見頃はもう2〜3日先かも。
   ゆっくりと一週してから小屋まで戻って昼食にする。

ミズバショウ

   ゆっくりと昼食を食べたあと、こつぶり山へ向かう。
   山頂からの白山は見えない。
   記念写真を撮って、大滝へと下る。

こつぶり山渓流

  先週は道の両側だけわずかに緑色だったのに、一週間で緑がずいぶん進んでいる。

ウリハダカエデの花?コブシが満開
オオカメノキ新緑がきれい。。。

   大滝は新緑に包まれて蕩々と流れている。
   今回は一枚の写真に納めることができた。

大滝

   緑が目に滲みるほど美しい。
   どの木も一つとして同じ色の緑がない。心の中が洗われるような気がする。

下りの道

  14時30分、駐車場に着く。
  15時全員温泉センター水芭蕉に無事到着する。

HOME