(1,307m)                              line

日時   H20. 4.27
天候   曇
参加者  2名
コースタイム 

 8:00  自宅発
 8:40  登山口
10:20  取立山山頂着
11:40  山頂発
12:40  駐車場着
13:10  自宅着


 約一月ぶりの取立山。
 前回はアイゼンを履いての登山だったが、今日は駐車場までの道も開き、のんびりと歩く。
 ようやく芽吹き始めた木々が煙るような風景が続く。
 駐車場には石川ナンバーの車がたくさん停まっていた。
 何かの団体か・・・。

山道クロモジ?

 途中の山道の所々に残雪が残っている。

残雪が残る

  天気予報は晴れだったが、雲が多く法恩寺山はかすかに見えるが経が岳は雲の中だった。

法恩寺山尾根道
  

  尾根に出ると残雪がたくさん残っていた。
  冬場は雪庇ができる尾根も、雪の量はずいぶん減っていた。

  山頂には雪はもうなかった。
  ウグイスが盛んに鳴く練習をしていた。

痩せ尾根山頂

 イワウチワの蕾がたくさんあったが、咲いていた花は二輪ほどだった。

 イワウチワイワウチワの蕾

 もう少しすると、イワウチワの花がたくさん咲いて、歩くのも楽しい気分になるだろう。
 残雪の時期は、冬枯れと芽吹きが半々で、きれいな風景だけではない。

イワウチワの花

  山頂でコーヒーを一杯飲んでから、取立平へ向かう。
  一月前には、山頂のポールは雪に埋もれていて、2m以上の雪はあったと思うのに、雪が消えるのは早いものだ。

取立山

  取立平ではショウジョウバカマが顔を出したばかりで、背丈も小さい。
  谷間のあたりは残雪が多い。

取立平へ白山は雲の中
ショウジョウバカマ残雪が多い
こつぶり山避難小屋

 避難小屋もまだ雪に埋もれている。
 ミズバショウは少し雪が解けた所に、見えてはいるがまだまだ小さい。

ミズバショウ

  奥の方は、ミズバショウは雪の下でまだ眠っているようだ。

まだ残雪が多くミズバショウは雪の下

 マンサクの蕾があった。花はまだ丸まって、これから開くところだ。
 リボンをほどくように咲くのが面白い。

マンサクの蕾

  こつぶり山まで行ってみるが、今日は白山は見えないようだ。
  大滝への下りの道が遙かに見える。
  

こつぶり山頂大滝への下りの道、まだ通行禁止
下りの道取立山への道を戻る

 ミヤマシキミやアカミノイヌツゲの真っ赤な実が残っている。
 

  ミヤマシキミ新芽

 駐車場に降りて来るころにようやく青空が見えてきた。

駐車場へコブシの花

HOME