★ ローレンス・ブロック(1938−  )

 ローレンス・ブロックには、私立探偵マッド・スカダーシリーズと、泥棒探偵のバーニイシリーズがある。人間的な魅力を感じるのはやっぱりマッド・スカダー。

マッド・スカダーシリーズ

 警察官だったマッドが非番の日にバーで酒を飲んでいたら、二人組の強盗がバーテンを撃ち殺すという事件に遭遇した。
 マッドは二人を追いかけ、一人を射殺、もう一人の腿を撃った。銃弾の一発が通行中の少女にあたり少女は死亡。このことがきっかけになって酒を飲むようになり、16年勤務した警察官をやめた。同じ頃離婚、男の子2人は妻が引き取る。
 現在の住所はニューヨーク八番街と九番街の間にあるホテル。
行きつけの店はアームストロングの店で、バーボンをたらしたコーヒーを飲むのが日課になっている。
職業は、ライセンスを持たない私立探偵、友達に便宜をはかることで生活している。

過去からの弔鐘

冬を怖れた女

1ドル銀貨の遺言

暗闇にひと突き

八百万人の死にざま

聖なる酒場の挽歌

慈悲深い死

墓場への切符

倒錯の舞踏

獣たちの墓

死者との誓い

死者の長い列


バーニイシリーズ

  昼間は古本屋の主人、夜は泥棒を職業とするバーニー・ローデンバー。
しかし、泥棒とはいっても殺人はしない・暴力は使わない・金持ちからしか盗まないという鉄則を守るのだが、いつも何かしらの事件に巻き込まれてしまう。

泥棒は選べない

泥棒はクローゼットの中

泥棒は詩を口ずさむ

泥棒は哲学で解決する

泥棒は抽象画を描く


 
 
HOME