白山まつり(白峰村)

 平成13年 7月21日 

かんこ踊り農民

  農民のスタイルで、右手には水色の手ぬぐいを持って踊る、かんこ踊り。

剣舞?

  中学生の木刀を持った剣舞のような踊り。

婦人会

 民舞。  

磯節

  磯節(通称鍋蓋)と言われる、鍋の蓋を両手に持ったリズミカルで楽しい踊りだった。

かんこ踊り

  かんこ踊り、巫女さんスタイルで右手には扇子を持つ。

かんこ踊り

  6時からは舞台踊り、8時からは輪踊り。

行列

  白山祭りは白山に登られた泰澄大師をお迎えしたのが始めとか。
 村長さんのご挨拶の1200回目とかいう言葉にびっくり。
 ホラ貝の音を先頭に行列が入って来る。

行列2

 泰澄大師が山を下りられた年齢と同じ年齢の方が、泰澄大師の役をされるとか。

行列3

 行列がそのまま輪踊りになっていく。

HOME