HOMEへ

僻村塾へ


平成14年5月25日僻村塾

 主催者の挨拶から

 平成5年8月に勝山市で第1回の僻村塾が開催されて10年目を迎えた。
 アスペンと交流を続けているので今回は勝山らしい特色を出そうということで、中学校3年生の山本さんにバイオリンを弾いてもらいます。全日本大阪大会で入賞した実績の持ち主です。平成13年から神戸より勝山へ。
 ということで2曲演奏。

 

 宮里千里さんのお話から

 沖縄在住のエッセイスト(沖縄地域限定とは本人の弁)。那覇市役所勤務27年目とか。
 5.19に沖縄復帰30年の式典が開催された。実際の復帰は15日だが19日になったのは政府の都合。1200名の参加者があった。
 小泉首相は基地を減らしてほしいという地元の願いには一切触れず、沖縄を振興しましょうという話で、地元と温度差があり話がすれ違っていた。
 今日ここへ来るのに、大阪空港→北陸本線→小松駅→高速ではじめて海を見た。日本海は遠い所にあり、違う場所、沖縄では太平洋と東シナ海が見える。

 沖縄は今注目されている。復帰30年を単純には喜べない。
 生活はよくなったと言われるが、30年前と比較しても生活がよくなるのはあたりまえで、復帰の影響なのかどうか?
 1950年生まれ、1972年に復帰を迎えた。
 1970年頃日米安全保障条約が結ばれ、今、第14回合同委員会が開かれた。
 関東計画→基地を縮小→沖縄へ
 ベトナム戦の頃 空陸軍→今は海兵隊中心
 四軍司令官 海軍がなる(今までは陸軍)
 空軍は横田基地

 1972年春、連合赤軍浅間山荘事件がありその印象が強烈で、沖縄国会が吹っ飛んだ。
 琉球政府創立記念日 4月1日 → 買う
 日米交渉(佐藤栄作中心) お金で全部片付ける、領土を取り返す。
 10年単位の振興開発計画
 2001年第3次終了
 20002年〜新沖縄振興 6兆円というお金が流れる。
 右側通行・福祉中心へお金が使われる。
 第3次から観光(国民レベルの要望 政府後押し)
 第4次 情報・金融 今まではことごとく失敗?
 失ったものは大きい きれいな海 →今と色が違う・濁っている
 海に入ると足が染まるくらいきれいな海 山を開発→土が海へ流れ込む
 自然を切り売りして30年を迎えた

 米軍基地の集中 全国の面積の6%の土地に、米軍施設の75%が集中している。
 第15回関東計画は那覇中心から普天間→ヤンバル(ジュゴンの生息・ヤンバルクイナ・野口ゲラのいる美しい環境)へ基地を移す計画。
 レイプ事件・104号線越え 演習ができる・・・日出生台他5カ所に分けて実施 海兵隊OBが日出生台へデモンストレーションにきた(医者・学者など紳士ばかり、反対運動の拡散を意図して)

 通貨の交換を3回経験(ビー円→ドル→円)
 戦前沖縄には移民権があった 畑・家畜で食べていける生活が崩壊した。
 米軍が農地をつぶす→移民が増える(ブラジル・ボリビアへ)
 経済が破壊 繊維・食料工業も破壊 自活してもらうと困る

 沖縄戦の集団自決・・・中国を見てきた人たちがいた
       白旗を掲げて降伏・・・ハワイ帰りのリーダーはアメリカは捕虜を絶対に殺さないと知っていたので、住民を説得し、助かった
 国際経験の違いが方向を決めた

 沖縄は元気 音楽・芸能に関するシステムができている、文化の政治介入はしにくい。
 出版・・・長野・沖縄が元気 小さい市場ではあるが活発
 自然の事をわかる子供を育てないと・・・。
 伝統(創造性・再生を伴うべき)が重要ではない、新しいものは淘汰される。
 仕事の関係でロシアへ行く・・・ゴルバチョフ財団本部が那覇にできる。
 沖縄は台湾・香港・中国に繋がる、東南アジアの真ん中にある、非常にいい場所かも・・・。


 池澤夏樹さんの講義から

 1952年日米講和条約で一旦捨てられた沖縄、アメリカ論にも通じる。
 1945年昭和20年生まれ。6年を北海道で過ごす。アメリカを意識しない。東京の赤羽に居候として出てきた。赤羽は米軍の演習場があり、大砲や機関銃の演習を行っていた。
 文化的にはハリウッド映画、テレビを見てアメリカの普通の家庭には冷蔵庫・牛乳・・・などがあり物量的に最初から負けている。
 母が英語が話せたので、XP(アメリカ軍)のデパートの売り子をしていた。
 英語の試験があり、試験に受かれば給料が倍増する合理的なシステム。

 アメリカ文学を一番に読んできたが、感心するのはアメリカが多い。
 自動車ースーパーー机・椅子で食事・・・アメリカ型
 この50年世界全体がアメリカの影響を受けた
 軍事力・わがまま・粗暴・・・アメリカってジャイアン、日本はスネオ、ドラエモンはいない、アメリカ批判・・・のび太風

 ブッシュ政権はアメリカ憲法を新しい解釈で蘇らせた。
 修正2条・・・国民が銃を持つ権利を保障する
 民間人が銃を持つ国はない→政府に規制を求める
 保守党・・・自衛の権利
 全米ライフル協会→共和党に圧力をかける立場
 ブッシュ政権の決定 これを強く支持
 何故アメリカに銃が必要か?・・・まっさらな所からできた国(先住民から土地を奪うために銃・開拓のため獣に銃で対抗)
 空っぽの土地に町を作る 隣町から遠い→自治
 治安の維持・・・保安官を雇う 自警団
 警察の仕事も自分たちでやっていた
 ボスニアの紛争は国連が介入して銃を取り上げる→そうやって平和を作っていく。アメリカから銃を奪う権威がない。
 国全体で武力行使で事を解決する傾向が強い
 ベトナム・朝鮮・湾岸戦争
 武力を使う事に馴れきっている国→報復措置
 これからいかにアメリカを押さえていくか(全世界で)
 京都議定書を無視
 アフガニスタンの効果はアメリカの強さを見せつけた → 他の国には手の出しようがない
 湾岸戦争 →アメリカとソ連の武力の力の差


 反米ではないがアメリカ政治には暗い裏がある
 日本の自民党は裏金くらいでまだかわいい
 ケネディ暗殺・・・未だに誰がやったかわからない
 CIA FBI 大きな政治的事件 → 陰謀と考えた方がわかりやすい
 ブッシュVSゴアの選挙結果 裏がわからない
 アフガニスタンに戦争をしかけたのは表向きはビン・ラビン、アルカイダ対策だが実際はカザフスタンの石油・天然ガスがアメリカへ運び出せないから?パイプラインをつなげてインド洋からタンカーで運び出す途中に、アフガニスタンがある。
 タリバンはアメリカが育てたが、言うことを聞かなくなった。
 2年ほどして石油・天然ガスのパイプラインができるだろう・・・。

 日本の国会レベルの政治家はアメリカの悪口は言えない
 橋本龍太郎・・・アメリカは恐い国
 田中角栄はアメリカから距離を置こうとしてロッキード事件で失脚した
 東芝の潜水艦のスクリュー問題・・・反対せずにお金で解決
 アメリカの影は濃い、始末の悪い場所にいる国
 ヨーロッパはEUで連合してアメリカに対抗
 アメリカは中国をどう押さえ影響下に置くのか?
 アメリカは陰謀の国、一種の帝国ではないのか?オスマントルコや蒙古ローマのような →グローバリゼーション
 国際問題 → アメリカ問題になる
 

 ジョン・ダワー「敗北を抱きしめて」・・・戦後5年間の日本の歴史 面白いけど悔しい、資料に基づいて書かれている
 憲法成立の話・・・マッカーサーが天皇を救おうとした、絶対平和主義とセット
 日本国憲法の草案 マッカーサー配下の若い政治学者が作った理想主義的ないい憲法、日本人は心から歓迎した、戦争の放棄
 今になって押しつけというのは違う
 冷戦システムの中に日本を組み込む、沖縄にしわ寄せ
 アメリカ VS 中国 有事法制
 いつが有事なのか決めるのはアメリカ、主体性が何もない、日本全体が沖縄化する
 中国とアメリカが戦争するかは判らないが軍人は米中戦争のプランはできている、日本をどう位置づけるのか・・・。有事法制は危険。

 質疑

 Q.有事法制は対中国のことを考えてか?

 A.グローバリゼーション、世界のアメリカ、止められないよいうに見える。
 綱引きがアメリカの方に引きずられている、負けるかもしれない、でも手は離しはしない、力があるだけ引き続けながら時々にやりようがある。
 勝てるかどうか予想しても・・・、努力は続ける。
 ローマ帝国が1600年続いたほどアメリカは続かない。
アメリカは無理に束ねている国、日本はまとまりすぎている。
 英語を母国語とする人よりスペイン語を母国語とする人の方が多い

 Q.教育問題についてはどう考えますか?

 A.資料がない、手がまわらない
 教育をいじるほど悪くなる
 国に方針がない
 大人に自信がない → 社会全体がグズグズになってきた
 勉強しなさい→ 何のために? よいくらし → 実感がない
 何のために勉強するのか? 中村哲(アフラニスタンで井戸を掘っている人)が学校を作ることに反対。田舎に学校を作り字を覚えると外の世界を知ってしまう。仕事もないのに町に出る(マニラ・サンパウロ・メキシコ)
 半端に物を知って自分の持っている価値感を失ってしまう
 日本をどういう国にしたいのかが見えていない
 江戸時代・・・近代的社会が完成していた
 絶対信用できる教育の価値はない 

 
home