HOMEへ

僻村塾へ

僻村塾記録

僻村塾H14年度第3回 今森光彦さんの講義「里山物語」

 今森さんは滋賀県大津市在住の昆虫写真家。「昆虫記」「世界昆虫記」と世界的に有名な昆虫写真家として知られている。

 昨年「里山の道」という写真集を出版された。琵琶湖に近い仰木の集落の棚田や、里山を中心に写真を撮られている。仰木峠を越えると大原三千院へ抜ける道がある。この仰木地区をNHKのハイビジョンの番組で2年かけて撮影されたそうだ。

 スライドの棚田・桜・石仏・干し柿・夕陽・竹林などの美しい仰木の里山の風景を見ながら、裏山のことを考えていた。間もなく中部中部縦貫道が通ることになり、いつも見慣れた風景が失われて行くことがとても残念に思われてきた。今まで何百年も続いてきた風景が変わることが・・・(^^;)。 

 
home