恒平さんの歌詞データ


僕のそばにいなさい
(作詞 及川恒平 作曲・編曲 惣領泰則)

 船の旅に出掛けたいなという
 船酔いのことなどすっかり忘れて
 だけど構わないさ
 きっと介抱するのは僕だから
 海の光がおまえの中で
 やがて優しさに変わる時が来る
 僕のそばにいなさい いつまでも

 夏の服がほしくなったと言う
 金がないことなどすっかり忘れてさ
 だけど構わないさ
 勿論買ってあげるのは僕だから
 其の服を着てふくらむ夢が
 やがて大きさに変わる時が来る
 僕のそばにいなさい いつまでも

 あなたの歌作ってみたと言う
 甘い言葉ばかり沢山並べてさ
 だけど構わないさ
 そのうち本当の僕が見えるだろう
 今は弱虫でぜいたくだけど
 やがて豊かな女になるのだから
 僕のそばにいなさい いつまでも
 
 

  セカンドアルバム「僕のそばにいなさい」
アルバム「及川恒平ライブ・イン・ジャンジャン」POLYDORレコード MR−3020 1976
及川恒平に戻る