恒平さんの歌詞データ


映画のように
(作詞・作曲 及川恒平 編曲 坂本龍一)

 あの町に置き忘れて来た
 いつか見た映画のような
 雨の中のあなたの
 傘に隠れた姿
 足許だけをみつめて
 ぼくは歩いて来た

 あの町を通り過ぎて来た
 いつか見た映画のような
 そんな別れを二人が
 見つけてしまったなんて
 呟くことの空しさ
 けれど黙っていられない

 いつの間にか笑えるようになってた

 遠い何処かで
 あなたも笑っているように

 あの町に帰ることは無い
 いつか見た映画のような
 最初の素敵な夕暮れを
 も一度見つけて下さい
 呟くことの空しさ
 いっそ黙ってしまおう

 いつに間にか
 笑えるようになってた
 遠い何処かで
 あなたも笑っているように
 

サ-ドアルバム「懐かしいくらし」(FHILIPS FW−5003)1975

及川恒平に戻る