恒平さんの歌詞データ


冬の音

 糸車 風の音 だれかのせなに思い出が
 糸車 風の音 ピーポー吹いておりました
 吊り橋を渡り 栗林を抜け 辻堂前の陽だまりで
 ピーポー遊んでおりました
 糸車 風の音 思い出をつむぎましょうか

 落ち葉焚き 冬の音 だれかの頬に思い出が
 落ち葉焚き 冬の音 パチパチはぜておりました
 遠い街にある飾り窓の中 花嫁衣装や 口紅や
 それよりきれいと言ってみる
 落ち葉焚き 落ち葉焚き 思い出をもやしましょうか

 

セカンドアルバム「名前のない君の部屋」(BELLWOOD OFL−25)1974
及川恒平「歌のはなし 冬の音」へ
及川恒平に戻る