恒平さんの歌詞データ


花散里(はなちるさと)
(1981 岩崎宏美)

 声ひそめながら 語り続けてる
 夕暮れの街の 私とあなた
 別れ間際の 言いあらそいと
 誰も気ずかず 通りすぎいく
 やるせなく美しい夢だったと
 さようならを言う前に認めます
 まるで不幸に 酔いしれるように
 花咲く街から ひとり旅立つ
 遠い花散里へ

 やさしいつもりの 銀の輪 知恵の輪
 はずせないまませ 掌(てのひら)の上
 ひどくもつれた 恋の糸など
 こんな私に ほどけるのが嘘
 もう燃え尽きたような気分だから
 せめても悲恋などと言いません
 恋の微熱が さがった頃に
 きっとあなたから 尋ねて下さい
 遠い花散里へ

 まるで不幸に 酔いしれるように
 花咲く街から ひとり旅立つ
 遠い花散里へ
 
 

                              岩崎宏美アルバム「緋衣草」

及川恒平に戻る