恒平さんの歌詞データ


ほろほろと

 ほろほろと忘れた哀しさを哭いて
 アイスクリームを食べている時
 生まれた入道雲
 不安な晴れ間に
 僅かな安らぎ
 僕を 独り占めに
 ああ 僕がした処で
 ただ然り気無く時が経つ

 パラソル一輪
 言葉の終わりに咲いて
 さよならを交わした後に
 始まるお葬式
 長い淋しさの行列が
 街を消えて行く
 だから いつも
 パラソル一輪
 あなたの笑みを
 見ていられる

 誰かを 独り占めに
 ああ 誰かがした処で
 ただ然り気無く時が経つ
 

忘れたお話及川恒平1(BELLWOOD OFL−9)1973
及川恒平に戻る