恒平さんの歌詞データ


水に揺れる影
(作詞・作曲 及川恒平 編曲 松任谷正隆)

 水に揺れる影
 太陽に向けて旅立つ船
 いつ帰るのかと
 笑いながら僕は見てた

 るるる 冬の頃の
 るるる 恋の姿が
 船の帆の蔭で
 みんな忘れて黙っていた

 今は日射しが
 何も彼も春をうたっている

 水に揺れる影
 太陽に向けて旅立つ船
 もう会えないねと
 笑いながら僕は見てた

 るるる 冬の頃の
 るるる 恋の姿が
 船の帆の蔭で
 みんな忘れて黙っていた


 

  セカンドアルバム「僕のそばにいなさい」

及川恒平に戻る