恒平さんの歌詞データ


もうひとつの世界

 あなたは笑うよ
 ほんとうに笑うよ
 美しい街のように
 赤い屋根はもう似合わない
 都会の朝がぽっかりと始まる
 ほらもうひとつの世界

 あなたは笑うよ
 ほんとうに笑うよ
 風 走る空のように
 蝉の夕立直き止んだなら
 赤いペンキがうっかりとこぼれる
 ほらもうひとつの世界

 あなたは笑うよ
 ほんとうに笑うよ
 美しい街のように
 速い会話のかたわらで
 コーヒーの湯気が
 ゆっくりと立ち昇る
 ほらもうひとつの世界
 

                      

忘れたお話及川恒平1(BELLWOOD OFL−9)1973
及川恒平さんの「歌のはなし もうひとつの世界」へ
及川恒平に戻る