恒平さんの歌詞データ


シナモンの木
(作詞・作曲 及川恒平 編曲 坂本龍一)

 小高い丘の森は太陽の薫り
 遊ぶ小鳥の翼は光に濡れる
 幼い私はひとりで駈けて
 うれしさを拾ってポケットにしまう
 笑うことをおぼえたのは其の頃

 持ち主の無い林檎がテーブルの上
 部屋の寒さに身を任せ露が光る
 若い私は取り残されて
 初めて煙草に火をつけてみる
 泣くことをおぼえたのは其の頃

 おゝ人生 私の宇宙
 おゝ人生 私を抱いていて欲しい

 シナモンの木に黄色い花が咲いた
 部屋の外で新しい季節が踊る

 おゝ人生 私の宇宙
 おゝ人生 私を抱いていてほしい
 おゝ人生 私の宇宙
 おゝ人生 私は外に出かけます

 

サ-ドアルバム「懐かしいくらし」(FHILIPS FW−5003)1975
「及川恒平 歌のはなし シナモンの木」へ
及川恒平に戻る