大長山1671.4m

 

 平成14年 8月31日 参加者1名

 自宅発       7時30分
 赤兎・大長山登山口  8時40分
 小原峠       9時20分
 大長山     11時00分
 大長山発    12時10分
 小原峠     13時25分
 小原峠発    13時30分
 大長山登山口 14時10分
 勝山着     15時20分


 ここのところずーっといいお天気が続いている。29日に仕事で福祉会館の第1研修室に行ったが、ここから越前甲・取立・赤兎・法恩寺ときれいに見えて、終末はどうしてもどこかの山に登りたくなってしまった。白山が見たかったので大長山に行くことに決める。昨年9月の後半の三連休に登った時には、カライトソウがもう終わりだったので、咲いているかも・・・と期待。
 今回も主人はお仕事で、日程の調整が付かず・・・(^^;)。 

 登山口まで運転するのは始めてだったことに気づく・・・(^^;)。赤兎山には何回も来ているが、一人でくるのは始めてだったことを改めて認識する。途中も道は、舗装が一部されていなくて走りにくいところもあり、運転には気を遣う。

 一人で山を歩くのは何とも思わないのだが、へびさんに3匹も遭遇してしまって、これだけはいただけなかった。一番目のピークを過ぎたあたりで、目の前50cmほどのところをシジュウカラかヤマガラらしき小鳥と鉢合わせ。しばらく近くの木の枝の上を飛び回っていたが、カメラを用意する暇もなく飛んで行ってしまった。こんな至近距離で野生の小鳥を見たのは始めてだ。可愛かった〜。

ススキ

 林道の途中の風景。ススキがたくさんで、もう秋の気配がいっぱいだった。暑い日差しとももう少しでサヨナラできるかな・・・(^^)。風に靡いて気持ちよさそう〜。
 しかし、山の季節ももう少しか・・・。 

秋桐

 アキギリの鮮明な紫色が目に鮮やかだった。秋は紫色の花が多いのかもしれない。ここのところ自分のカメラでも何とか接写できることがわかった。まだまだマクロ撮影は失敗が多いけど・・・。

鳥兜

 トリカブトの花。
 リュウキンカやコバイケイソウが咲く、小原峠までの場所で咲いていた。
 3株ほどがあった。まだ咲き始め。

黄釣船

金水引左 キツリフネ
右 キンミズヒキ

ミズヒキソウが咲いていて、もう夏も終わりだと実感する。

姫金水引

竜胆左 ヒメキンミズヒキ
右 リンドウ リンドウの花盛りで、山はもう秋がいっぱい。

峠の石仏

小原峠左 小原峠の峠の石仏
右 小原峠から見える白山

 今まで何回も赤兎や大長に来たが、小原峠から白山が見えることに気が付かなかった・・・(^^;)。今日はきれいに白山が見える。

白山

 最初のピークからの白山の全貌。別山と三の峰は雲の中だった。バックが雲が多くて青空ではないが、それもまたいいと思う。風が強くて雲も刻々と動いている。

経が岳

 経が岳がよく見える。いつも見ている裏側から見ることになるが、大船山越しの経が岳。どっしりとしたいい山だと思う。紅葉の季節に今年も登ってみたいな〜。

九頭竜川

 九頭竜川の蛇行がよく見える。
 お天気がいいと海も見えそうな気がする。

大長山

 大長山はいくつピークを越えるのだろうか?正面に見えるピークの向こうの向こうの向こうかな?何回もここが山頂!という期待を裏切られた・・・(^^;)。

別山

三の峰右 別山の全貌、雲がどんどん流れていて、刻々と表情を変えて行く。風も強くて、尾根では吹き飛ばされそうなほどだった。
 別山は風格があって、白山とはまた違った魅力のある山だと思う。白山という中心にいないで、一歩離れた所で確かな自分を持っている山、そんな生き方がしたいと思う。
左 三の峰の全貌。今回はカメラがズームがきかなくて迫力ある画像が撮れなかったのが心残り・・・(^^;)。肉眼ではしっかり避難小屋も見えたのだが・・・。

赤兎山

 

 赤兎山を望む。下山するころ、駐車場に15台ほど車があったが、大長山で出会ったのは山頂で3組、途中で2組と相変わらず少なかったが、赤兎山は賑わっていたんだろうな・・・。

 

巴塩竃

唐糸草左 トモエシオガマ
右 カライトソウ
カライトソウはもう終わりのようで、枯れた花が目立った。

今年は色んな所でトモエシオガマを見ることができた。

麝香草

岩菖蒲左 ジャコウソウ
右 イワショウブ

ジャコウソウは葉や茎に芳香があることから名付けられたとか・・・。
イワショウブは茎が触るとネバネバした感触で、花が終わると赤い実になってゆく。今が花盛りだった。

大長山頂

 大長山の山頂、1,671.4m 
 山頂の看板。

白山

 白山に一番近い場所から。
 いい方のカメラを持参しなかったことが悔やまれる・・・(^^;)。

 迫力がイマイチ・・・。

取立山

  取立山の全貌。後から見るとこんなふうに見えるのか・・・。

嫁菜

ススキ左 ヨメナの花
右 ススキ

本当に秋が深まっていることを実感する。

home