坂元昭二アコースティックギターライブ With でんごんばん

   in ラーバンの森  2003/6/1  


でんごんばん
でんごんばん1でんごんばん2


@パフ(詞 Lenny Lipton 曲 Peter Yarrow
AThere is a ship(アイルランド民謡?)
B誰のために(詞 山上路夫 曲 村井邦彦)
C戦争は知らない(詞 寺山修司 曲 加藤ヒロシ)

  「There is a ship」は、白鳥英美子さんのアルバム「アメイジング・グレイス」に入っている曲という紹介があった。映画「ガイアシンフニーV」のサウンドトラックの1曲目にも入っていて、最近よく聞いている曲だった。白鳥英美子さんが歌っていて、いい曲だなあ〜と思っていた。PPMの曲だったのだ・・・。今でも時々通勤のBGMに聞いている。繰り返し繰り返し、何回聞いても聞き飽きない曲。アコースティックギターの音色が緩やかな穏やかな気持ちになれて、朝の爽やかな気分にぴったりの曲。渋滞になってもこの曲のおかげでイライラとは無縁。新たな気持ちで仕事に臨むことができる。

 「誰のために」は赤い鳥の曲。歌詞の「私は誰のために生まれてきたのか あなたにめぐり合って答えを知ったわ・・・」を聞いて歌詞がすーっと浮かんできた。子どもの頃にスキーをやったことのある人が、大人になってからも滑れるように、音楽も体全体で覚えているものなのかもしれない。ずーっと聞いたことがなくても、その曲を聴いた瞬間にその時代の空気やその頃の自分を思い出せる、そんな力を音楽は持っている。忘れていると思っても、思っている以上に記憶には残っているものなのかもしれない。
 「戦争は知らない」は、フォークルらしい曲ということで選曲されたとか。
 4曲ともいい選曲で、ハーモニーも美しくとっても楽しめた。





坂元昭二さん
坂元昭二さん

@国境の南(曲 坂元昭二)
A出雲(曲 坂元昭二)
B牧神達の夕暮れ(曲 坂元昭二)
Cアニーローリー(スコットランド民謡)
C花のように(作詞 北山修 曲 加藤和彦)
DSEXY(作詞・曲 下田逸郎)
E北の国から(詞・曲 さだまさし)
Fイパネマの娘(詞 Vinicius de Moraes 作曲 Antonio Carlos Jobim)
Gカバティーナ(曲 マイヤーズ)
Hいつも何度でも(詞 覚和歌子 曲 木村弓)
I上を向いてドラえもん(詞 永 六輔 曲 中村八大、詞 藤子不二雄 作 越部信義)
J落日(詞・曲 さだまさし)
K君の空にかかる虹(詞・曲 坂元昭二)
Lミストラル(曲 坂元昭二)
アンコール
M案山子(詞曲 さだまさし)
N

 今日は昨日とうって変わって、ステージ衣装もバッチリ決めて、アンプも整ったステージ。
 「出雲」や「ミストラル」のように激しい曲と、「牧神たちの夕暮れ」や「ヴェネツィアへ〜沈みゆく水の都」のように静かな曲があるが、最近よく思うのは、実は何気ない曲、聞き飽きない曲が名曲というものなんだろうなと・・・。
 インパクトのある曲は必ず飽きてくる。
 坂元さんの言う「風景の見える音楽」というのは実は、この何気ない曲と=(イコール)なのかもしれないなと思う。

 3曲をまずギターソロで演奏の後、でんごんばんの皆さんと一緒に、ベッツイ&クリスの「花のように」。
 下田逸郎さんの「SEXY」をレコードのアレンジのままに再現。「北の国から」はギター2本で。
 MCで、福井は昨年風の扉でのライブで、そこが気に入って次回までに曲を作って来る約束になっている。
 曲の骨組みは出来上がったのだけど、作ったのはいいけれど、難しすぎてまだうまく弾けない・・・。
 「カバティーナ」は映画「ディアハンター」の主題歌で、ユーミンも好きな曲にあげている。
 エンリオ・モリコーネは好きな映画音楽作曲家で、「太陽がいっぱい」や「海の上のピアニスト」「ニューシネマパラダイス」は特に好きな曲とMCを交えながらの演奏。

 「落日」と「君の空にかかる虹」は歌もありで、しみじみと聞いてしまった。
 「君の空にかかる虹」・・・「不倫の歌をまた作ってしまった(笑)」と・・・。
 短編小説のように情景の見える歌詞で、女性の朝の通勤の様子が目に浮かぶ切ない曲。せめて君の住む街に大きな虹よかかれ・・・。
 「ミストラル」は華麗なる指さばきに見とれてしまった・・・(^^;)。

 アンコールの「案山子」は坂元さんが高音をハモって、でんごんばんの皆さんとさだワールドを再現。
 前日のお食事会で坂元さんのハモりが聞きたいというリクエストに、お酒を飲んだらしないという言葉に、音楽に対する坂元さんの真剣な思いを感じた。

 2日間坂元さん三昧の日だった。
 
 画像を発光禁止で撮ったので、画像が全部ブレていて失敗。補正をして何とかの画像。
 笑顔を撮ろうとシャッターチャンスを狙っていたのだが、何しろデジカメのやや古い型、タイムラグがあって、シャッターチャンスにそのまま撮れない・・・(^^;)。新しいデジカメが欲しいと思ってしまった。

坂元昭二さんアップで    
HOME