浜田 省吾

next 

 通勤途上の車の中で聴いたのがはじめだった。何という曲なのか、

誰が歌っているのかさえもわからなかった。後からわかったのだが、

聴いたのは「サイレンス」。なんてうまい人なんだろう、何ていい曲な

んだと思った。聴いていて鳥肌がたった。

 それから長い時間が経って、ある時、何気なく借りたCDの中に「サ

イレンス」が入っていた。「Wasted Tears」というアルバムだった。

今でも一番好きなアルバムだ。 全部が好きな曲、というアルバムも

なかなかないが、このアルバムはその例外。

いきなり巡り会うというのも、やはり何かの意味があるのだろうか。

やはり出会うべくして出会った人なのだろうと、みょうに納得してしまう。

 

  同じ年代なのに、浜田省吾という人との接点が全然なかった。一時

期はビートルズ・ストーンズ・キンクス・バーズなどロックと呼ばれる音

楽を聴いた時期もあったが、その後はフォークソングに移行してしま

い、ロックは聴かなくなってしまった。だから、同じ時代を生きていても、

接点が全くなかった。唯一覚えているのは、「風を感じて」がコマーシャ

ルに使われたということくらい。

next 

 浜田省吾の魅力は、やはり詞・曲・声。詩情のある歌詞を書ける人は

少ない。その一人だと断言できる。

 一番好きな曲は「ミッドナイト ブルートレイン」。売れない頃、町支さん

とギターを抱えて電車に乗って町から町へ歩いた頃に作った曲とか。 

 最近ビデオの「ロード・アウト・トラック」を見た。コンサートには行かない

とずーっと心に決めていたけれど、最近強引に他のアーティストのコンサート

に誘ってくれた人がいて、それから行くようになった。行かないと決めていた

自分を、少し後悔する。

 で、ビデオの浜田省吾も若々しくてステキだと思うが、町支さんのギター

やハーモニーを聞いてしまう。そうか、こんなふうにハモっていたんだとい

う発見がたくさんあってやっぱり、見なくてはわからないことってたくさんあ

るんだと納得。CDを聞いていると、ハモっているのが町支さんと聞き分けが

つかない時がある。

top

 一番心が安まる曲は「アヴェ・マリア」。浜田省吾の曲ではないが、しみじ

みと聞けて、ラテン語で歌っているので、余計なことを考えなくてすむ。アレン

ジもいい。印税をエイズの治療・研究のために寄付するというさりげなさ。

 だからクリスマスのBGMはアヴェ・マリアと決めていた。また,来年のクリス

マスもシューベルトのアヴェ・マリアをBGMに使っているんだろうなあ。 


 ロード&スカイのメイルサービスを登録しておいたら,浜田省吾・町支寛二・

梁邦彦のクリスマスカードがきた。やっぱりインターネットって一方通行じゃな

い所がいいなあ。

 4月1日と2日にフェニックスプラザで浜田省吾のコンサートがある。テレビ

でチケットの販売のお知らせをしていたが,やっぱり行く決心がつかなかっ

た。どうもコンサートというより,人混みが苦手で,家で静かにCDを聞いてい

るのが性に合っているようだ。情けない話だが,やっぱり,コンサートに行く

情熱がない!

「Wasted Tears」のアルバムを聞いたのが今から10年ほど前。

 「悲しみは雪のように」がドラマの音楽に使われる少し前の頃。1枚ずつ

遡ってアルバムを買っていた頃が一番幸せな頃だった気がする。

 

    

 

 

 home