立山(雄山3003m 大汝山3015m)

H11.10.9 参加者8名

5:00 自宅発
8:00 立山駅到着
9:10 室堂直行バス出発(往復4,410円)
10:10室堂着
10:20室堂出発
11:10一の越山荘着
11:20一の越山荘発
12:10雄山着(3,003m)
12:30雄山発
14:00大汝山(3,015m)
14:30真砂岳(2,861m)の手前から下り開始
16:00扇沢
16:50室堂着
17:00最終バスにて室堂発
17:50美女平着
18:10美女平ケーブルカー発
18:30立山駅着
19:00駐車場着発
21:20自宅着     

  立山駅で室堂直行のバスを待つこと1時間。ケーブルカーは2時間待ち。三連休の初日ということで、ものすごい人出。ようやくバスに乗って出発。

室堂
     室堂(車窓より)
室堂付近

途中まで雲の中で、山頂も悪天候かと今年は山登りも雨にたたれているので、悪い想像ばかりしていたら、途中から雲の上の高度になり、天候は快晴!

 

一の越へ

室堂より一の越山荘方面へ向けて歩き出す。昔はもっと石のゴロゴした、ケルンを積んであるような道を歩いた記憶があるが、道はかなりきれい整備されている。
  一の越で休憩後、雄山目指して急な登りの開始。登りもかなりのラッシュ。

 

雄山神社

途中、槍ヶ岳が見えたり、富士山もきれいな形で見えた。
12時過ぎに雄山山頂着。ここで昼食。登山前2・3日からの夜更かしがたたって、今日は気持ちが悪く、食欲もない。デジカメのシャッターを押す気力もなく、シャッターチャンスがありながら、見逃した風景も多かった。 

雄山神社
大汝へ

雄山から大汝方面へ縦走する。

 

雲海

雲海

 

雲海2

雲海2

真砂岳の手前から扇沢方面へ下り開始。ジグザグの石でゴロゴロの道を下る。

 

行者

途中で行者さんに合う。トレッキングシューズにリュックを背負っているが、腰には毛皮を付けて、錫杖を持ち、ホラ貝も持っている。途中、雄山の方向を向いてホラ貝を吹いていた。飛ぶようにして下山して行き、すぐに見えなくなってしまった。

 

扇沢

扇沢のテントサイト

室堂まで、最終バス5時の5分ほど前についてやっと間に合う。

今日は天候にも恵まれ、紅葉もきれいだったが、体調に最後までたたられて、辛い山歩きだった。

 

 

home