転落者

 ウインドロックに住んでいる退職した元警察官リープホーンは,最近シップスロック山で見つかった白骨死体の男が, 11年前に失踪したハロルド ・ブリードラブという男ではないかと考えます。
リープホーンは , シップスロック分署に勤務するチー警部補代理に調査を依頼します。
 チーはハロルドの妻に遺品を見せ,白骨死体がハロルドであった事を確認します。遺産相続の関係で, ハロルドが一人でシップスロック山に登り事故にあったのか , 他に同行者がいたのか 、死亡日はいつなのかが微妙な問題となってくるのです 。その課程でリープホーンは、

「われわれナヴァホのあいだでは, 殺人の動機はたいていウイスキーか異性がらみの嫉妬によるものです。
でも白人のあいだではお金が犯罪の動機になることが多いようです。」
と語ります。日本でも保険金殺人など, お金が十分に殺人の動機となる現状があります。しかし, ナヴァホ族のあいだでは, お金は殺人の動機とはならないのです。
 チーが婚約者のジャネットに語ります。
 「 僕は必要以上に持つのは悪いことだと教えられて育った。それは仲間の面倒を見ていないことになるんだよ。立て続けに3回競争に勝ったら、すこしゆっくりしてほかの人に勝たせてやる。だれかが酔っぱらい運転でぶつかってきても車がだいなしになったうえに大けがをしても、相手を訴えようとは思わない。アル中を治すために歌の儀式をしてやろと思うんだ。
 「それでは貧しさから抜け出せない。」
 「貧しさをどう定義するかによるさ。」
 「定義なら法律書に書いてあるわ。X人で構成される年収Y以下の家族のことよ。」
 

 物質中心の西欧文化の対局にあるのが「、ナヴァホ族の文化といえるようです。全ての物を, 自然さえも対等と見なして魂が宿ると考えるナヴァホ族は, 日本人とルーツを同じくするモンゴロイドです。
太古にベーリング海峡を渡って北アメリカへたどりついた人々を祖先とするアメリカインディアン。言葉にも魂が宿ると考える彼らは, 死者の名を呼ぶことを憚ります。死を汚れたものとして考えます。日本人も昔から言葉に魂が宿ると考えてきました。

 資本主義の発達の中で失ってきた大切なものをナヴァホ族は思い出させてくれます。人間の欲望の限りなさを。必要最小限の物を持ち、家族を大切にし、親戚や隣人と助け合って生き、美しい自然を守り、与えられた環境の中で満足し、精神的な豊かさを求める彼らの生活は, 一昔前の日本人の生活そのままといえます。

 トニイ・ヒラーマンは白人の作家ですが、ナヴァホ族に心ひかれ、ニューメキシコのアルバカーキーに住み着いてしまった人です。ヒラーマンのこのシリーズの作品によってアメリカインディアンが見直されているようです。

 

ヒラーマンに戻る
home