白峰村百合谷

H11.4.25(日)小雨 参加者2名

案内板

 自宅発 10時
 桑島大橋を渡り、左折。水芭蕉群生地・大嵐山の標識に沿って車を走らせると、駐車場に到着。途中一部未舗装路があるが、その他はきれいに舗装されている。道は狭く、片側は深い谷になっているが、所どころに車よけの場所も作ってある。
 駐車場には、水場やトイレも整備されており、かなりの数の駐車が可能。
 11時登山開始。

水芭蕉

 登り口の遊歩道の看板。ここから、しばらく、階段を上る。20分で、百合谷峠へ出ると、大嵐山への分岐点がある。右折すればブナ林を抜けて、大嵐山。5月中旬頃にはシャクナゲも咲き、白山も遠望できる。
 本道を行く。途中残雪のある場所を通るが、昨日の雨後でもあり、今日も小雨の降る中を歩くので、足下はどろどろ。長靴が必要だった(一部)。下ること10分で、水芭蕉の群生地に到着。雨のせいか、登山者は少ない。
  11時30分着

 

水芭蕉2

画像のように、水芭蕉は満開。まだまだ、小さい物が多い。これからしばらくは楽しめる模様。約3万株の水芭蕉があるそうである。

 雨で景色も煙って見える。

 下りは20分ほどで、本道から駐車場へ戻る。展望コースもあるが、天候が悪いので、次回にする。

ブナ林

 12時駐車場着 

 白峰村で栃もち・固豆腐・栃の実煎餅・味噌あめなどをおみやげに帰る。

 12時50分自宅着

 

 

home